【フレシャス徹底解剖】コスパや評判は?他社との比較や安く使う秘訣も紹介

【フレシャス徹底解剖】コスパや評判は?他社との比較や安く使う秘訣も紹介

ウォーターサーバーはさまざまな種類があり、どれにすればいいのか悩んでしまいますよね。

申し込みをする前に、検討しているウォーターサーバーの特徴やサービス内容・料金などを理解できると安心です。例えば、フレシャスはデザイン性が高く、機種も多種多様になっています。そこで、フレシャスの特徴やポイントなどをご紹介しますので、参考にしてください。

 

フレシャスはどんなウォーターサーバー?

  • セルフクリーン機能が搭載されているからボタンを押すだけでお家で簡単クリーニング!
  • サイフォン方式だからパックの取り付けも簡単で衛生的!
  • コンパクトで場所を取らないし、デザインが素敵!

さすがグッドデザイン賞を受賞するウォーターサーバーをもつフレシャス。

どのウォーターサーバーもデザイン性に優れています。

お家にずっと置いておくものなので、インテリアとしてのデザインも重要視しておきたいところですね。

フレシャスの感想

実際にフレシャスに契約して1年間使ってみました。

パパ目線でフレシャスを選んだ理由&使った感想はこちらの記事をご覧ください。

⇒ 子供に飲ませたい水でフレシャスを選んだ理由と使った感想

これから、フレシャスの4つの特徴とどんな人が利用が向いているかをご紹介します。

 

フレシャスの大きな特徴は4つ

  1. デザイン性
  2. 軽量
  3. 場所をとらない
  4. 安全で衛生的

フレシャスの大きな特徴は「デザイン性」「軽量」「場所をとらない」「安全で衛生的」の4つです。フレシャスは高いデザイン性が評価されていて、「グッドデザイン賞」を受賞しています。

ウォーターサーバーは何社からも提供されていますが、グッドデザイン賞を獲得したウォーターサーバーはフレシャスのみです。外観の美しさだけでなく、使い心地をしっかりと考慮したデザインになっていて、機能性も優れています。

コンパクトかつスタイリッシュなデザインが人気で、インテリアの一つにもなるでしょう。

フレシャスは女性や高齢者でも取り付けやすい軽量パックを採用しています。他社のウォーターサーバーで利用されることが多いガロンボトルは約12リットルあり、交換も一苦労です。

一方、フレシャスの軽量パックは約7.2リットルになっていて、取り付けや交換が容易にできます。

使い終わったウォーターパックはそのまま不燃ごみとして捨てることができ、回収の手間が少ないことも特徴です。パックは小さく圧縮や折り畳みができるため、不燃ごみに出す日までの保管場所も少なくて済むでしょう。

小型タイプのウォーターパックもあり、折り畳むと手のひらサイズにまで小さくなります。このように、保管場所をとらないことも、フレシャスの特徴なのです。

子供にも安全かつ衛生的に作られているのもフレシャスの特徴です。チャイルドロックがあるため、小さな子供が誤って操作するのを防げます。

ウォーターサーバーは温水も取り付けられているため、チャイルドロックがあることで、事故を未然に防げるでしょう。チャイルドロックにも数種類あり、長押しまたはレバーを引いた状態でボタンを押すことで、チャイルドロックを解除できます。また、フレシャスのウォーターサーバーは無菌エアレスパックで衛生的です。

使用した分だけ容器は圧縮していくため、水に空気が入りにくく、雑菌の侵入による水の品質低下を防げます。

 

特にこんな人におすすめ

フレシャスはウォーターサーバーを使いたい人におすすめですが、特にインテリアや家具にこだわりを持っている人は向いているでしょう。

デザイン性が高く、インテリアの一つとして置いても、部屋や内装のイメージを損いません。また、ウォーターボトルを置くスペースがない場合もフレシャスは向いています。

小型タイプもあるため、狭いスペースや机の上にもウォーターサーバーを置けるのです。圧縮や折り畳みができるウォーターパックなので、保管場所も少なくなります。

さらに、女性や高齢者など、重いボトルを運ぶのが困難な人にも向いているでしょう。

フレシャスの基本情報

フレシャスは「富士山の銘水株式会社」が提供しているウォーターサーバーで、価格.comの年間売れ筋で1位になっています。

多くの賞を受賞していて、ウォーターサーバーで初めての「経済産業大臣賞」を受賞しました。その他にも「グッドデザイン賞」「キッズデザイン賞」を受賞しています。フレシャスはデザインと機能性に優れていることが特徴で、女性や高齢者・子供がいる家庭で使いやすいウォーターサーバーです。サーバーラインナップも豊富で、特に人気があるのは「dewo」になります。また、お洒落かつ利便性がいい足元ボトル交換ができる「Slat」、業界で最小モデルとされる「dewo mini」、コーヒーメーカー一体型の「Slat+cafe」も人気です。

大人2人暮らしでフレシャスを利用する場合、月間利用量は約25.0リットルになります。その場合の月間平均利用料は、約4,572円です。また、3人では月間利用量は約37.5リットルとなり、月額平均利用料は約6,651円になります。4人の月間利用量は約50.0リットルで、月額平均利用料は約8,729円です。フレシャスはクレジットカード決済もでき、代金引換にも対応しています。代金引換の場合は、手数料は330円です。配送は一部地域を除く全国で対応可能です。

フレシャスの水は高品質の天然水!

フレシャスの水は高品質な天然水を使っています。高品質の天然水なので、安心して利用できるでしょう。また、3種類の天然水から選択できるため、水の好みがある場合は選択肢も増えます。そこで、フレシャスが使用している天然水の特徴と3種類の水についてご紹介します。

安全性の高いこだわりの天然水

フレシャスで使用している天然水は、採水地にこだわっています。品質管理も徹底しているため、安全・安心できる水を提供していることが特徴です。さまざまなミネラルも含んでいて、赤ちゃんでも飲めるでしょう。ウォーターサーバーで提供される水には「天然水」と「RO水」があり、フレシャスは天然水です。天然水は直接採取したものにミネラルや添加物の調整を行わないため、採水地によって成分や硬度・味が異なります。一方、RO水は原水を濾過した後にミネラル除去などをするため、天然水が原水であっても、水道水と近い成分になるのです。飲み水のミネラルにこだわりを持つ場合は、調整が最小限になっている天然水がいいでしょう。

天然水を採取する工場は、森に囲まれた場所に位置しています。よって、地下水汚染などの指標になる成分の濃度は低いです。天然のミネラルが含まれていて、フレシャスが提供している天然水は軟水に分類されています。また、ウォーターサーバー専業のメーカーとして、「食品安全マネジメントシステム」の国際規格「FSSC22000」の認証を受けていることが特徴です。厳しい審査を通った工場から出荷されるため、高い品質管理をしていることが証明されています。

天然水は3つから選べる

フレシャスが取り扱っている天然水は「FRECIOUS富士」「FRECIOUS朝霧高原」「FRECIOUS木曽」の3つがあります。申し込み時に3種類から選択できることが特徴で、一番人気があるのは「FRECIOUS富士」です。「FRECIOUS富士」は数十年前に降って積もった雪が、長い年月をかけて浸透した地下水とされています。味はほのかに甘さがあり、まるみを感じることができる優しい味です。硬度21mg/Lの軟水で、バナジウム含有量は約86μg/Lあります。

FRECIOUS朝霧高原のバナジウム含有量は180μg/Lで、貴重な天然水とされています。ミネラルを感じられる後味で、爽やかな飲み味でさっぱりしていることが特徴です。硬度85mg/Lの軟水になります。FRECIOUS木曽もすっきりとした味で、雑味がない清涼感がある飲みやすい天然水です。原水の周りには済んだ水でしか育たない天然わさびが群生しています。水量に限度があるため、貴重価値が高いです。

 

フレシャスの料金・サービス

水の種類
天然水
最低料金
4,668円
水の料金(税込)
1,167円(7.2L)-FRECIOUS富士
1,183円(7.2L)-FRECIOUS木曽
500ml換算(税込金額から算出)
81円-FRECIOUS富士
82.1円-FRECIOUS木曽
注文単位
1回の配送は4個(パック)単位
初期費用
無料
レンタル料
無料
配達料
無料
配達エリア
全国(沖縄・離島を除く)
メンテナンス料
無料(なし/不要)
支払方法
クレジットカード・代金引換
解約金
2年未満の解約で9.720円
定期配送の休止
可能(2ヶ月以上連続休止の場合は手数料1,080円)

フレシャスのサーバーは大きく分けるとdewo/SIPHON/SIPHON Slim/carrioの4種類ですが、

SIPHONはロングタイプとショートタイプがあります。

また、デザインがONE PIECE(ワンピース)とのコラボになっているバージョンもあります。

このONE PIECE(ワンピース)のスペックはSIPHONのロングタイプと同等です。

下の表では、これらを6つのタイプとして比較しています。

オススメはなんといってもSIPHON。

dewoは別途レンタル料540円/月(条件付きで無料)になってしまうので注意が必要です。

商品名
dewo(デュオ)
SIPHON(サイフォン)
ロングタイプ
SIPHON(サイフォン)
ショートタイプ
カラー
5色
3色
3色
サイズ
幅29×奥行36.3×高さ112.5cm
幅30×奥行34×高さ100.5cm
ウォーターパック装着時 高さ122.5cm
幅30×奥行34×高さ55.5cm
ウォーターパック装着時 高さ77.5cm
重量
20kg
18.1kg
15.1kg
水温・湯温
水温4~10℃
湯温80~90℃(通常モード) 65~75℃(エコモード)
水温3.5~8℃/湯温80~90℃
水温3.5~8℃/湯温80~90℃
タンク容量
冷水1.5L/温水1.5L
冷水3.8L/温水1.8L
冷水3.8L/温水1.3L
電気代
558円
700円
700円
電気代
冷水80W/温水350W
冷水80W/温水350W
冷水80W/温水350W
商品名
SIPHON Slim(サイフォンスリム)
carrio(キャリオ)
ONE PIECE(ワンピース)
カラー
2色
3色
4色
サイズ
幅30.8×奥行31.2×高さ120.5cm
幅23×奥行45×高さ43cm
SIPHONロングと同等
重量
19kg
5.5kg
SIPHONロングと同等
水温・湯温
水温3.5~8℃
湯温80~90℃(通常モード) 60~70℃(エコモード)
5~10℃
SIPHONロングと同等
タンク容量
冷水2.5L/温水2.1L
800cc
SIPHONロングと同等
電気代
SIPHONロングと同等
電気代
冷水75W/温水350W
65W
SIPHONロングと同等

 

使いやすい!続けやすい!フレシャス6つのポイント

フレシャスはさまざまな機種や機能があり、ライフスタイルに応じて選べることが特徴です。また、使いやすくてメンテナンスも容易であり、配送も柔軟に対応しています。よって、利便性が高く、続けやすいのです。これから、フレシャスのポイントを6つご紹介します。

① 種類が豊富で生活スタイルや部屋に合わせて選べる

種類が豊富で約9モデルあるため、ライフスタイルや好みで機種を選択できます。インテリアに馴染むデザインになっているため、ライフスタイルだけでなく、内装や家具に合わせて選んでみるのもいいでしょう。多種多様な機種はコンパクトサイズやスタイリッシュモデルなどもあります。また、カフェ機能や温水機能などもあり、欲しい機能に合わせて機種を選べるのはメリットです。さらに、人気キャラクターのコラボモデルもあるため、子供がいる家庭や好きなキャラクターがコラボしている場合は、好みのウォーターサーバー設置を実現できます。

② 人間工学に基づいた使いやすい設計

機種モデルの一つである「FRECIOUS dewo mini」は、人間工学に基づいて設計された商品です。世界的プロダクトデザイナーの「安積伸さん」によるデザインで、テーブル上で自然給水できるタイプになっています。利便性が高い機能を搭載しながらも、「もっと小さく、もっと自由に」をコンセプトに、使いやすい小さいモデルになりました。設置スペースがないことでウォーターサーバーを諦めていた人も使える可能性が高くなり、機種の選択肢も広がるでしょう。ウォーターパックは専用の4.7リットルを使用しています。

③ 用途に合わせた温度設定

フレシャスは用途に合わせて温度設定ができ、冷水と温水の2種類が使えます。冷水は5~10℃設定、温水は80~85℃設定です。熱湯であってもやけどをする心配がなく、給湯に適した温度になっています。また、白湯として飲めるため、美容やダイエットを意識している場合にもいいでしょう。用途に合わせて温度設定をしておけば、欲しい時に必要な分だけ給水できます。温度設定ができるフレシャスでは、やかんや電子ケトルでの沸騰が必要なく、利便性の高さがメリットです。お湯を沸かす手間がなくなった時間で他のこともでき、ライフスタイルを充実させられます。

④ 電気代も安心!省エネ設計

一部の機種にはエコモードが付いていて、ボタン1つを操作すれば、温水を70℃まで下げられます。70℃の状態でキープできるため、節電になるのはメリットです。また、光センサーがあり、夜間と昼間を自動で判定しています。その機能によって、必要ない時間帯の温水機能をオフにすることも可能です。ウォーターサーバーで節電機能が付いているものは増えていますが、ない製品もあります。節電機能の有無で光熱費も変わってくるため、機種を検討する時点で節電機能の有無は確認するといいでしょう。

⑤ 配送サイクルも柔軟に変更

配送サイクルは数種類あり、柔軟に変更できるのもフレシャスのポイントです。配送周期は「毎週」「2週間ごと」「3週間ごと」「4週間ごと」があり、配送日の曜日指定もできます。ウォーターサーバーの利用量は家庭によって異なるため、ライフスタイルや利用量に合わせて配送周期を選べるのはメリットでしょう。配送日の曜日指定だけでなく、時間指定もできます。よって、ウォーターサーバーの水が届く日に、1日中待ち続けたり、再配送になったりする可能性が低いです。つまり、柔軟な配送サービスがあるため、生活サイクルを乱しにくいでしょう。定期配送になっていますが、利用量が少なかった時には配送をスキップすることも可能です。

⑥ メンテナンスは自分で簡単

フレシャスのウォーターサーバーは、使用した分だけ圧縮していくタイプで、空気が入りにくい仕組みになっています。また、クリーニング機能を搭載しているモデルもあり、セルフメンテナンスのみでも可能です。業者によるメンテナンスが必要な場合、年間で5,000円ほどかかりますが、受け口やボトル差込口を清掃するだけとされています。一方、フレシャスは定期的にクリーニング機能を行うだけで十分です。よって、メンテナンス代は無料と言っていいでしょう。

メンテナンス機能の一つ目が「オートピュアキープシステム」になります。これはサーバー内の水を循環させることで、常に内部を清潔に保てる機能です。5日に1度、自動で作動するため、常に綺麗な状態を保てます。二つ目は「フレッシュモード」で、サーバー全体を温水が循環する機能です。この機能でもウォーターサーバー内部を清潔にでき、フレッシュモードは30日前後で自動に作動します。また、一部の機種ではウォーターサーバー業界で初となる「UV-LED殺菌」を採用していることが特徴です。殺菌効果が高い紫外線を照射し、定期的に内部を殺菌します。動作中でも給水できるため、利便性も高いです。

 

フレシャスは6種+コラボモデル3種

フレシャスにはデザイナーズモデルが3つ、ベーシックモデルが3つ、コラボモデルが3つあります。よって、9種から好きな機種を選ぶことが可能です。これから、9種の詳細をご紹介します。

dewo

「dewo」はグッドデザイン賞を獲得したデザイン性の高いモデルです。インテリアや家具との親和性を考慮していて、世界的プロダクトデザイナーの「安積伸さん」がデザインしています。色は「スカイグレー」「メタリックブラック」「ミルキーベージュ」「ナチュラルピンク」「ペールブルー」と、カラーバリエーションが多いことも特徴です。ウォーターパックは軽量かつ使い捨てができる7.2リットルタイプで、女性や高齢者も使いやすくできています。

機能性にも優れ、自動で節電できるスリープ機能やエコモード、温水と冷水が分離したデュアルタンクになっていることも特徴です。また、dewoは経済産業大臣賞を受賞しています。受賞した理由の一つが子供に安心かつ安全な設計だったことです。給水ボタンは子供の手が届きにくい上部にあり、冷水と温水の両方にチャイルドロックを搭載しています。

dewo mini

「dewo mini」は小型サイズのウォーターサーバーで、置く場所を選ばない「卓上モデル」となっています。部屋が狭いなど、置き場所に困っている場合にも対応でき、サイズは「dewo」の約1/3です。dewo miniのメリットは、小さいサイズであっても、多機能なことでしょう。冷水と温水が利用でき、サーバー内を紫外線で殺菌できる「UV-LED殺菌」も搭載しています。ウォーターパックは、軽量サイズの4.7リットルです。ウォーターサーバーの色は3色あり、「メタリックブラック」「スカイグレー」「カッパーブラウン」から選べます。

Slat

「Slat」は「丁寧な暮らしのためにここちよいウォーターサーバー」をコンセプトにしている製品です。ボトルは下置きの収納タイプで、スリムかつ使いやすいデザインになっています。Slatは見た目がすっきりとしていて、インテリアとの調和性が高いです。また、消音設計にもなっているため、一人暮らしや寝室に置くこともできます。用途に合わせて温度設定ができ、高温水や常温水で設定することも可能です。さらに、赤ちゃんのミルク作りに最適な「70℃の温水」でも設定できます。色は「マットホワイト」「マットブラック」の2種類です。

Slat+cafe

「Slat+cafe」は人気が高い製品の一つで、カフェ機能を搭載しています。「Slat」にカフェ機能が付いているもので、見た目だけでなく、優れた機能性が特徴です。コーヒーメーカーと一体になっていて、天然水をやかんや電気ケトルで沸かす手間が省けるのはメリットでしょう。コーヒーだけでなく、紅茶・緑茶も楽しめ、ライフスタイルを充実させてくれます。コーヒーを抽出する方法は2通りあり、専用UCCドリップポッドと市販の挽いた豆または粉です。色は「マットホワイト」「マットブラック」になります。

SIPHON+

ウォーターサーバー業界で初めてサイフォン方式を採用したのが「SIPHON+」です。サイフォン方式とは電気を使用せずに、気圧で液体移動することを指します。ウォーターパックをポンと乗せてセットするだけで利用でき、取り付け方法が簡単です。また、UV-LED殺菌機能があるため、常に衛生的な状態を保てます。環境にも優しいエコモードにすれば、電気代は約30%もカットできるのです。ウォーターパックは7.2リットルで、使用後は手のひらサイズまで折り畳めます。色は「シャイニーホワイト」「パールピンク」「クールブラック」があり、床置きのロングタイプと卓上型のショートタイプから選べることも特徴です。

AQUWISH

「AQUWISH」はUV-LED殺菌機能で新鮮な天然水を提供できるウォーターサーバーです。エコモードもあり、電気代も約30%カットできます。AQUWISHのデザインはナチュラルテイストだけでなく、重厚な色味もあり、インテリアや内装に合わせたモデルを選べることがメリットです。色は「クールホワイト」「ショコラブラウン」「ミルキーベージュ」の3つがあります。サイズはロングタイプとショートタイプの2種で、ロングタイプの高さは約1,225mm、ショートタイプの高さは約775mmです。

 

コラボモデル3種

フレシャスは「ミッフィー」「ワンピース」「リラックマ」とコラボをしています。ミッフィーとコラボしているのは「dewo mini」で、シンプルかつお洒落なデザインです。卓上タイプになり、インテリアや机との親和性も高くなっています。北欧風のインテリアを好む人やミッフィーが好きな人にいいデザインでしょう。ワンピースコラボモデルは、「手配書モデル(クールブラック)」「3兄弟モデル(シャイニーホワイト)」「チョッパーモデル(シャイニーホワイト)」「チョッパーモデル(パールピンク)」の4デザインがあります。特に手配書モデルは全体に細かい絵が描かれていて、スタイリッシュかつお洒落です。

リラックマコラボでは「ハッピーライフウィズリラックマモデル(ホワイト)」「ハートがいっぱいモデル(ピンク)」の2種類があります。両方ともカラフルな色味になっていて、元気が出るデザインです。軽量の7.2リットルウォーターパックを採用していて、エコモードやUV-LED殺菌機能なども搭載されています。

 

結局コスパはいいの?フレシャスの料金について

フレシャスを利用するにあたって、料金やコスパを理解することは大切です。そこで、初期費用や配送料・メンテナンス料・本体利用料・天然水の価格などを紹介し、コスパの良さもご説明します。

初期費用・配送料・メンテナンス料は無料

フレシャスは初期費用が無料となっています。また、配送料やメンテナンス料も無料です。配送料は全国無料となっていて、日時指定や再配達の依頼もできます。宅配業者による配送なので、安心して受け取れるでしょう。また、セルフメンテナンスができる機能が搭載されているため、専門の業者によるメンテナンスは必要ありません。業者のクリーニングがないため、メンテナンス料は無料になっています。

サーバー本体のレンタル費用もほぼ無料

フレシャスのウォーターサーバーは、基本的にはレンタル代が無料になっています。他社では最初にサーバー本体の購入やレンタル費用が必要なものもありますが、フレシャスではほぼ無料です。ただし、初月以降はレンタル料として、数百円から数千円がかかります。また、レンタル料が常に無料の機種もあるため、利用を検討する時に確認が必要です。さらに、有料機種であっても、複数箱を頼んでいる場合は無料になるケースもあります。

 

天然水の費用はどれくらい?

フレシャスにはさまざまな機種があり、天然水の種類によっても費用は異なるでしょう。例えば、「dewo」と「dewo mini」で「FRECIOUS富士」の天然水を選択したとします。dewoの場合は、1パックの税抜価格は1,155円となり、500mlに換算すると約80円です。一方、dewo miniは1パックの税抜価格は925円で、500mlだと約98円になります。両方の機種ともに1回で4個パック単位の配送です。天然水を飲むためにペットボトルを購入する手間や費用を考慮すると、コスパはいいと言えます。

フレシャスでは、サーバー購入プランにすると、さらに割引されるサービスがあります。dewoの本体を購入している場合、天然水の料金は毎回18%の割引が適用されるのです。サーバー本体の購入費を完済した後は、割引された天然水のみの料金になります。

 

解約料・違約金に注意

レンタルプランの場合、解約料や違約金が発生するので注意が必要です。レンタルプランの契約後もしくはサーバーの交換後に、「1年未満で解約」と「1年経過後で2年未満」では、解約金を支払います。1年未満での解約は解約金が税込16,500円、1年以上2年未満の場合は解約金が税込9,000円です。

電気代は他のメーカーと比べて安い

フレシャスで使う電気代は、他のメーカーと比較すると安いとされています。その理由として、エコモードの搭載や自動スリープ機能があり、省エネ設計になっているからです。従来のウォーターサーバーと比較すると、約70%の電気代をカットでき、電気代も330円からになります。つまり、他社製品よりも安いと言っていいでしょう。

 

フレシャスのデメリット

フレシャスのデメリットは、金額だけを単純に見た時、高いと感じてしまうことです。サーバーの初期費用や配送費用などは無料ですが、月額で4,500円~8,000円ほどかかってしまいます。よって、金額だけを見ると敬遠してしまう人もいるでしょう。

ただし、フレシャスは無料で配送してくれるため、店で購入して運ぶ手間が省けます。また、採水地にこだわった天然水なので、天然水を気軽に飲みたい場合はメリットの方が勝るでしょう。また、違約金の高さもデメリットになります。

短期利用でフレシャスを検討している場合は不向きです。フレシャスのウォーターサーバーは2年以上の継続利用をしないと、解約金が発生するので注意しましょう。

ウォーターパックは女性や高齢者でも使いやすい軽量かつ少量パックになっていますが、天然水を変える頻度が高くなってしまうのはデメリットです。

利用頻度が高い時には、頻繁に交換することになるでしょう。交換は容易にできますが、その手間を面倒と思う場合はデメリットになります。

また、使用後のパックは圧縮や折り畳みで小さくできますが、セット前のパックは4つ送られてくるため、保管場所の確保が必要です。利用前のパックの保管場所をとるのは、デメリットとも言えます。

さらに、セルフメンテナンスだけでいいのは楽ですが、メーカーメンテナンスがないのを不安に思う人もいるでしょう。専門業者によるメンテナンスがないのは、デメリットになる場合もあるのです。

 

フレシャスの評判・口コミは?

フレシャスは利用者からの評価が高く、デザイン性や天然水の美味しさが高評価につながっています。例えば、「dewo」は「デザイン性がとてもいい」という口コミが多いです。

「グッドデザイン賞を取っているだけあり、お洒落なのにチャイルドロックで安心できる」

という意見や「見た目が良く、飽きがこない」という意見があります。

「dewo mini」は

「一人暮らしにいいサイズ」

という口コミが多いです。

卓上型で机や棚の上に置けるため、部屋が狭い人やマンション・アパート暮らしの人に支持されています。口コミでは、「場所をとらない」「インテリアの邪魔をしない」という意見がありました。

「Slat」は

「スリムなので使いやすい」という口コミが多く、見た目や機能性が高評価に繋がっています。

「常温もあるかっこいいウォーターサーバー」

「ミルクの最適温度が作れて嬉しい」

という意見があり、スリムな見た目と利便性の良さが支持されているのです。また、どの機種においても、天然水の美味しさが高評価になっています。安心して飲める天然水なだけでなく、味の良さを強調した口コミが多いです。

 

フレシャスを安く使う秘訣とは?

フレシャスを安く利用するためには、キャンペーンを活用するといいでしょう。例えば、他社からのウォーターサーバー乗り換えサポートを実施しています。

他社を解約する場合、解約金が発生する場合が多いです。その解約金を最大16,500円までキャッシュバックしています。利用する際には、先にフレシャスを申し込んでから、他社を解約する流れです。キャッシュバックの申請は、解約金を請求された時の領収書をフレシャスに提出することが必要になります。

妊娠や育児中の人を応援するプランとして「ママパパプラン」があります。対象は申し込む時に妊娠している人と未就園児がいる家庭です。最大17,000円相当のプレゼントがあり、初回特典のプレゼントだけでなく、子供の誕生月に天然水を1箱プレゼントしています。ただし、ママパパプランの対象になっている機種は「dewo」か「Slat」です。注文後に専用バナーから必要事項の記入と画像添付で登録すると、初回サーバー到着後3ヶ月以内に初回特典が届きます。

レンタルではなく、ウォーターサーバーを購入するのも、安く利用できる方法です。分割払いもでき、本体料金を完済した後は、天然水だけの料金で済みます。

また、天然水自体も継続的に割引されるため、お得なサービスになるのです。分割払いであっても、長期的にレンタルするプランよりもお得になります。

 

フレシャスと他のウォーターサーバーの比較

フレシャスと他のウォーターサーバーを比べた場合、どのような条件を優先するかで、最適なものが変わってきます。例えば、コスモウォーターは月額費用の安さが特徴です。

デザイン性や機能性・使いやすさを優先する場合はフレシャスですが、月額費用の安さを最優先する時にはコスモウォーターも候補になるでしょう。プレミアムウォーターも利用量によっては、料金が安くなります。

ただし、月額利用量が48リットルを超えた場合は、フレシャスの方が安いです。48リットル以下の場合はプレミアムウォーターの方が安くなるため、購入前に比較・検討してみるといいでしょう。

しかし、ウォーターサーバーは料金だけで決めるわけではありません。こだわりの天然水や使い勝手の良さなども含めて、利便性や好みで選ぶことが望ましいです。

ウォーターサーバーの多くはチャイルドロックが付いていますが、解除方法やボタンの位置を考慮すると、フレシャスは安全性が高いとされています。特にフレシャスの「dewo」「Slat」は高評価を得ていて、2段階操作で小さい子供が行うのは困難です。よって、小さな子供が誤って温水を出す事故も防げるでしょう。小さな子供がいる家庭では、料金の安さで選ぶのではなく、安全性や機能性で選ぶのも一つの考え方です。

 

まとめ

フレシャスはデザイン性の高さが特徴ですが、安全性や機能性も考慮されています。また、ウォーターパックの交換も楽で、取り扱いやすいです。さらに、機種が豊富なのもメリットになるでしょう。コラボ商品も含めて9種あり、それぞれに複数のカラーバリエーションがあります。これを参考に、フレシャスについて理解し、レンタルや購入の利用を検討してみてください。

フレシャスの感想

実際にフレシャスに契約して1年間使ってみました。

パパ目線でフレシャスを選んだ理由&使った感想はこちらの記事をご覧ください。

⇒ 子供に飲ませたい水でフレシャスを選んだ理由と使った感想

参考元URL

https://www.frecious.jp/
https://waterserver.kakaku.com/waterserver/002.html
https://mizu-navi.jp/frecious/premium-water/
https://kurashinista.jp/column/detail/4074#h2_5
https://single-waterserver.com/frecious/